スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

台湾に行ってきました。

BABYMETALのライブを見に台湾に行ってきました。
2月の初め、台湾では丁度旧正月の頃。
ライブの後、例によって数日居残って観光もしてきました。

台湾1

台湾も昔から、いつかは行ってみたいと思っていた国の一つでした。
以前飛行機の乗り継ぎで空港に降りたことはありましたが、ちゃんと上陸したのは今回が初めてです。
念願のとは言いながら、あまり台湾について詳しく知ってる訳ではありません。ほぼ毎日ニュースで見かける中国本土と比べて、考えてみれば台湾の情報は目にする機会が少ないですよね。たまに旅番組でグルメ情報を見るくらいで。



僕が台湾と言って一番に思い出すのは、やはり映画のことでしょうか。
80年代末から90年代初めにかけて、ホウ・シャオシェン監督の一連の作品がミニシアター系でヒットしてた時期があって、その周辺の作品は何本か見てました。今は亡きエドワード・ヤン監督の作品も。
映画好きな人なら台湾は、派手さはないけど名作・秀作をいくつも生み出して来た、静かなる映画の楽園というイメージがあるんじゃないでしょうか。
新しめのところでは『藍色夏恋』とかも好き。

なので、僕が心に思い描く台湾は、大体今まで見た台湾映画のイメージが元になっています。
ノスタルジックな風景、はにかみ屋の少年少女と質実な大人たち、熱帯の湿潤な空気、生温い風と白い開襟シャツ。
映画で見たようなそんな光景に、ずっと憧れてました。

台湾12






さて、実際に行ってみての感想は……

今までに行ったことのある他のどの国とも違う、不思議な空間に迷い込んだような気がしました。

そう感じるのは日本人の目で見るからだと思うんですが、想像した以上に街のそこかしこに日本の面影が重なって見えるのです。
かつて日本の植民地だったこと、その割に戦後も比較的親日的だったという背景があって、日常レベルでかなり日本の文化が浸透しているようでした。
日系の企業やチェーン店の進出はどこの国でも見かける光景ですが、台湾では特にその度合いが高いように思います。日本食の店も多いし、コンビニでは日本のお菓子や飲み物を売ってるし、日系でなくてもお店の看板が日本語だったりもします。
そして、そういうことを特に珍しいとも思ってない感じ。
深夜のテレビでは和服姿のお婆さんが東京音頭を歌い踊っていました。GACKTが審査員やってる歌番組もあったな。

台湾2 台湾4 台湾9

ヨーロッパや他のアジアの国でも日本文化が受け入れられてはいますが、やはりエキゾチックな珍しいものとして見られてるんだと思うんです(電気製品や車は別として)。
でも台湾では、慣れ親しんだ日常的なものとして当たり前のようにそこにあるように見えました。こういう形で「日本」が受容されてる国は他にないと思います。
異国なのに日本ぽい、また逆に、凄く日本ぽいのにやはり異国は異国であるという違和感は、滞在中ずっと頭を離れませんでした。

台湾8



距離も近く、生活文化も日本に似ていて、日本語が通じる場面も沢山ある。日本人が街をうろうろしていても、変な目で見られることはありません。
台湾は日本人にとって、最も気軽に訪れることの出来る外国だと思います。
とは言え100%手放しで日本ウェルカムという訳にはいかないだろうということも、博物館などで歴史の断片に触れるたびに感じさせられます。
日本統治時代のことは、悪いことばかりではなかったという声もあるものの、やはり台湾にとっては主権を侵された苦い記憶です。
出会った人に親切にしてもらうたび、却ってそのことを思い出さずにはいられませんでした。
今仲良くしてもらってることに甘えずに、知っておかなきゃいけないことは沢山あるなと……。




いつものように旅日記ツイートをまとめて上げておきました。
日付は2月1日から7日まで。
気がつけばもう帰国して1ヶ月以上過ぎてしまいました。今回はちょっとまとめるのに時間かかった。

次回からはジャカルタ以降の写真など、順番に紹介していきます。



* * * * * * * * * * * * * * * *

ところでこれを書いている今、台湾で、国民党の対中政策に反対する学生たちが立法府に侵入して占拠するという非常事態が進行中です。
今のところ日本では殆ど報道されていないんですが、どういうことなんでしょう、この黙殺っぷりは?
もう少し関心持ってもいいんじゃないですかね?
僕も人のこと言えるほど今まで台湾のこと気にしてた訳じゃないけど、これからは少し注目していきたいと思います。








スポンサーサイト
05:29 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

02/07のツイートまとめ

ochiailyon

台湾6日目、九份。前日早く寝たので明け方に目が覚めました。昼間は人が多すぎて町歩きを楽しめなかったので、人のいない内にと思って早朝散歩に出かけました。
02-07 05:07

と言いつつ、どっちみち観光客が通らないような裏道ばかりをつい歩き回ってしまいます。一度トイレ休憩に宿に戻りましたが、午前中一杯、ひたすら坂の町をアップダウンし続けました。坂道、迷路のような小道、映画の町と、誰もが思うでしょうが尾道と似てますね、九份。姉妹都市提携したらいいのに。
02-07 05:09

写真撮りまくったけど、全部カメラなんで今は上げられません。その内またブログの方に大量に貼ります。代わりに前の日に撮ったやつ。これとか… http://t.co/sh9GYZsNgU
02-07 05:11

これとか…。 http://t.co/KwncSrWO7A
02-07 05:11

お昼に宿から荷物を引き揚げて、バス一本で台北に戻って来ました。高速道路経由であっという間。待ち時間含めるとと往路の電車より速かったです。 http://t.co/6eixpeyRZt
02-07 05:12

新しく泊まった宿は西門の近く。日本人対応に力入れてるのか、フロントの人は皆さん日本語が達者です。浴衣も用意してあるし。更に部屋が空いてたらしく、無料アップグレードもしてくれました。ウォシュレットついてると喜んだのもつかの間、壊れてて使えなかった。ヌカ喜び…。
02-07 05:13

お土産クエストに行く前に、レトロ建築が並んでいるという西の方の問屋街、迪化街(ディーホアジエ)に行ってみました。着いた時にはもう大分暗くなってたので、あまり町並みの様子はよく分からなかった。写真は撮ったけどちゃんと撮れてるかな。 http://t.co/3OYad4QBCB
02-07 05:14

そこの近くの屋台で買ったものがこちら。トロトロになるまで火を通した小ぶりのサツマイモに、甘〜い蜜を絡めたもの。こんな美味しいおやつがこの世にあることを今まで知らなかったとは、自らの不明を恥じずにいられません。 http://t.co/g74CDLs10f
02-07 05:15

でも1パック6個は一人で食べるには多かった。温かい内に食べ切ろうと無理したら胸につかえてしまいました。そのせいで、今日こそ小籠包を食べると心に決めていたのに、その後何軒も小籠包屋の前を素通りする羽目に…。晩御飯の前におやつを食べちゃダメだ。結局小籠包は食べられませんでした。
02-07 05:18

その後、初日に行った紀伊國屋書店へ、その時目をつけておいた台湾の作家さんのイラスト集と台湾の漫画雑誌を買いに行きました。わざわざ電車に乗って。雑誌は買えたけどイラスト集は売り切れていて、結局西門に戻ってアニメイトで購入。アニメイトで割引きしてくれたので電車代とトントンでした。
02-07 05:20

続きを読む
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

02/06のツイートまとめ

ochiailyon

台北の北東にある有名な田舎町、九份に行ってきました。一泊だけして、さっき台北に戻って来たところ。民宿に泊まったんですが、Wi-Fiは繋がってるのに写真が送れなかったので、旅日記はお休みしました。
02-06 17:20

九份。読み方はジョウフェン?日本統治時代に金鉱の町として栄えたそうです。海を望む急斜面に沢山の家が密集して並んでいる眺めは壮観です。 http://t.co/d0XL9x7nbL
02-06 17:20

戦前からのレトロな街並みが残っていて映画のロケにもよく使われてます。有名なのはやはり『悲情城市』。でも観光客が大量に押し寄せているので、映画みたいなしっとりした風情に浸りたいと思って行くとがっかりするかも。昨日は雨も降っていて、傘さして坂道ですれ違うのが大変でした。
02-06 17:21

九份からさらに一山越えたところに金瓜石という町があり、『牯嶺街少年殺人事件』のロケで使われた建物があるというので行ってみました。Googleマップを頼って歩いて行こうとしたらエラい目に遭ったという話は長くなるので省略。 http://t.co/7WvapvzqbP
02-06 17:22

こちらがその建物、太子賓館。昭和天皇(当時は皇太子)の来台を迎えるために建てられた歴史的建築物。そんなのよく撮影に貸してくれましたよね。『牯嶺街』では主人公の友達の家や、外省人のサロンとして使われてます。この玄関でスーとマーが…。 http://t.co/ZSU3dL13oz
02-06 17:23

しかし映画の中では台北市内の建物として登場するので、周りがこんな山だとは思ってなかったです。この建物の周り一帯が、金鉱の歴史を紹介する博物園区として公開されてます。 http://t.co/kdCCH0dmuE
02-06 17:23

九份の夜。 http://t.co/eH4R4VSjuR
02-06 17:23

昨日の話はこんなところで。明日帰国するのでこれからお土産探しに行ってきます。
02-06 17:24

00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

02/05のツイートまとめ

ochiailyon

台湾4日目。ようやく寝られたのが夜が明けてから。2時間ほどで起きて、お昼前に行動開始。まず最初に両替をしに空港に行きました。銀行探してウロウロするのが嫌だったので、歩いて行ける距離の松山空港へ。途中に何軒か銀行ありましたがみんな閉まってた。春節だからかな?
02-05 08:03

そこからMRTで台北車站へ。電車移動の下見をしに鉄道駅に行ってみました。駅前にレトロな蒸気機関車が。 http://t.co/D0iSKsyOir
02-05 08:04

外見は中国の宮殿風の巨大な駅舎。中に入るとこんな大きな吹き抜けになってました。このスケール感はやっぱり中国文化だなあ。 http://t.co/04THbaCJtg
02-05 08:04

時刻表や切符の買い方を確認した後、周囲を散策。この辺りは東京で言うと皇居周辺ぽい感じなのかな。クラシックな洋風建築がお役所として今も使われてるみたいです。 http://t.co/by8zYbxTSu
02-05 08:04

戦前から台湾に住んでいた本省人と戦後大陸からやって来た外省人が衝突し、多くの犠牲者を出した228事件。ホウ・シャオシェン監督の映画『悲情城市』の題材にもなってます。その事件を記念する228和平公園。 http://t.co/NKYywtHjau
02-05 08:06

昔のラジオ局の建物を利用した228紀念館。事件のあらましを伝える展示があります。映画は見たけどすっかり忘れてしまったので、見学して来ました。日本語の解説や音声ガイドもあるので、ふらっと入っても大丈夫。 http://t.co/NsElx7cDKd
02-05 08:07

日本の敗戦と台湾からの撤退が、228事件へと続く歴史の流れの出発点になっています。植民地支配が終わったのに、後から来た国民党による統治はもっと酷かったという話。改めて日本と台湾の深い因縁を感じました。ちなみにソニックもこの事件を題材にしたアルバムを出しています。聞かねば。
02-05 08:08

台湾総統府。現在は行政府などが置かれているとのこと。中を見学出来るそうですが午前中のみで、今回は入れませんでした。機関銃持った兵隊さんが立哨してました。 http://t.co/RmvvveeyWP
02-05 08:08

総統府から南に下って建国中学を見に行きました。こちらはエドワード・ヤン監督の映画『牯嶺街少年殺人事件』の舞台になった学校です。作品に名前が出てきたというだけでなく、実際にこの場所でロケが行われてます。 http://t.co/mgymrlBxLo
02-05 08:09

『牯嶺街少年殺人事件』。日本では使わない漢字ですが、読み方は「クーリンチェ」。僕にとっては生涯ベスト級に好きな映画です。どう好きなのか、語り出すと長くなるのでいずれまた。学校の周りを一周してみましたが、周りに新しい建物が建ったりしてて、中の様子はよく見えませんでした。
02-05 08:09

続きを読む
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

02/04のツイートまとめ

ochiailyon

今日は故宮博物院へ行ってきました。つーかーれーたー。
02-04 01:39

MRTで士林駅へ。そこからバスで故宮博物院へ。着いた瞬間に嫌な予感が。メチャクチャ混んでます。 http://t.co/SkVfmCjvc6
02-04 01:40

台北で一番の観光地といえば、ここか101かってことになるんでしょうね。そりゃ混むわ。観光バスで乗り付ける団体さんが多数。落ち着いて見学出来る雰囲気じゃなかったです。いつもこうなのかな? http://t.co/HesnVnYBxs
02-04 01:40

館内は一部を除き撮影禁止のため、写真はありません。一番の目玉の展示は天然石を彫って作った工芸品、『翠玉白菜』と『肉形石』。白菜とお肉の形の超絶リアルな置物です。確かに凄い出来だけど…凄いけど…ええ?これ?って感じでした。実物凄く小さいし。これ世界三大ガッカリには入ってないの?
02-04 01:41

その小さな展示物を見るのに、ガイドさんに率いられた団体さんが説明受ける間立ち止まるので、なかなか人が動かないんですよ。部屋の入り口で係りの人が入場をコントロールしてて。昨日の101に続いてここでも長時間並ばされて、かなり脚に来ました。
02-04 01:45

白菜とお肉以外の展示は、中国の王朝時代から現代までの書画や工芸品、歴史資料など。ゆっくり見られたらそれなりに面白いんだと思いますが、駆け足で見るにはこれといって目に留まるものがない感じでした。別館でダ・ヴィンチ展やってたので、そっち見れば良かったかな…。
02-04 01:46

博物院を見終わって士林の駅に戻り、少し周辺を散策してみました。市の中心部とはまた違った、さらに生活感のある街並み。高円寺か阿佐ヶ谷辺りの商店街を歩いてるような気になります。 http://t.co/aGUlst14Vc
02-04 01:48

夕日の眺めも、何か全然異国って気がしない…。 http://t.co/hbiQ5ceNCY
02-04 01:48

夜は市内に戻って夜市に行ってみようと思ってたんですが、士林にも士林夜市というのがあると知って、そこへ行くことにしました。香港の夜市みたいなのを想像してたんですが大分違った。まるで原宿の竹下通りです。 http://t.co/QaYPr9aT90
02-04 01:51

気が遠くなるような人混み…。台北中の人が集まってるんじゃないかというくらい。お店屋さんは主に服屋とファンシーショップ、そして軽食の屋台と、正に竹下通りです。 http://t.co/ePhAgDtkCr
02-04 01:51

続きを読む
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。