スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

命の洗濯

この前の日曜日、
物凄く久しぶりにタカラヅカを見に行って来ました。
午後から人に会う用事があり、その場所が有楽町だったので、
近くへ行くならついでにと思って、朝から出かけて昼の部の当日券に並びました。

東宝1

日比谷の東京宝塚劇場。
星組公演、『エル・アルコンー鷹ー』と『レビュー・オルキス』の二本立てです。


以前からことあるごとに宝塚好きをアピールして来ましたが、
実を言うとここ7〜8年は、生の舞台は全然見ていませんでした。
応援していた生徒さん(劇団員)たちが次々に卒業してしまい、
同じ頃、スターシステムの改革など歌劇団の運営自体にも変化があり、
個人的に何か一段落ついたなと感じた時期がありまして。
チケットとるのもなかなか大変だったりするもので、
自然と劇場から足が遠のくようになってしまいました。
リニューアル後の東京宝塚劇場に行ったのも、実は今回が初めてです。

ここ数年は専ら、過去の舞台の実況ビデオやCDを家で楽しむだけになっていたんですが、
去年たまたま手に入れたある公演の実況ビデオに、久々に猛烈にはまってしまい、
また劇場に行ってみようかなという気持ちが、このところ高まりつつあったのです。


長いブランクの間に知ってる生徒さんたちはどんどんいなくなり、
今回の星組公演も、知ってる顔はトップコンビと一人二人の上級生だけでした。
昔のようには楽しめないかも、とちょっと不安もあったのですが、
寒い中当日券の列に並んだ瞬間から、かつて足しげく劇場に通っていた頃の感覚が蘇り、
早くもワクワクとした気持ちに。
座席券は買えませんでしたが、立ち見券で入場。
最後列から舞台は遠いですが、劇場の広さを体感出来てなかなか気分は悪くない。
開演を待ってざわざわする客席の雰囲気も楽しいものです。
そしてオーケストラの生演奏とともに舞台が始まった瞬間から、
もうにやけ笑いが止まらなくなってしまいました。

キモチ悪いですか?
ほっとけ。

誰にとっても心の潤いというものは必要だと思いますが、
僕にとってのそれが正にこの場所にあるということを、
この度再認識いたしました。

俺の生活に足りなかったものはこれだ、と。


宝塚ではショーの最後にパレードがあり、
出演者全員が舞台に並んで、
お客に向かってお辞儀をし、出演者同士で会釈をします。
僕はその様子を見るのがとても好きです。
品よく優しく美しい、
その姿が『礼節』によって支えられているという事が何より重要です。
放っておけばろくでもない事しか考えられない殺伐漫画家の自分ですが、
だからこそ、
こういう古風な美徳が未だに日本に生きているという事に、ほっとせずにはいられないのです。


お芝居とショーの二本立て、どちらの演目も素晴らしく、
見終わってすっかり満足して劇場を後にしました。
今はネットで当日券の販売状況も簡単に調べられるし、
これからまたちょくちょく劇場に通おうと思いました。

一昔前に比べて男性客も随分増えていたようです。
男子諸君にもお勧め。

国際フォーラム
東京国際フォーラム。
関係ないけど……
スポンサーサイト
10:50 | 日記 | edit | page top↑

ダンデオンデマンド

ダンデオンデマンド

『ダンデライオン』全2巻、オンデマンド出版の受注が始まりました。

ご注文はこちらからどうぞ。

『羊』の時よりは印刷がきれいなような気がします。
『ダンデ』の時にはもうデジタル製版だったかな?
相変わらずトーンにモアレが出てるので、気のせいかも知れませんが。
2巻巻末のオマケページも完全収録。
デビューから10年の歩みを垣間見ることが出来ます。

取り急ぎご案内まで。
さて、今夜ももう一仕事。
04:32 | 仕事情報 | edit | page top↑

祝・成人の日

明日は成人の日ですね。
新成人の皆様、おめでとうございます。
この先の人生が実り多きものでありますように。

かくいう私も、先日二度目の成人式を迎えました。
つまり、


40歳になりました。


つんつるてんのブレザーを着て、市の成人式に参加したのがもう20年前か。
出席しないつもりだったのに、前日に中学の同窓生に偶然道で会い、
何となく気が変わって行ってみた。
そこで会った別の友だちに
「落合老けたなあ……」
としみじみ言われたことだけが記憶に残っています。
それで落ち込んで、まっすぐ家に帰りました。

あの日を折り返しに丁度人生半分半分かと思うと、
何かこう、時の流れに茫漠たる思いを抱くものであります。


40歳という数字自体は、まあ特にどうとも思わないんですが、
今うちの最年少アシが22歳、
そのご両親が45歳と聞いた時にはかなりショックを受けました。
この若者たちには、自分は親の世代のように見えているということか。
大人げない性格も、少し直していかないと………

もう無理か。
それこそこの歳じゃ。


ちなみに『罪と罰』の原作、
主人公ロージャは20代の若者ですが、
その母親プリヘーリヤが43歳です。
俺はおかんと同世代…………
と気付いた時にもショックでした。
若いつもりでいるのは自分だけなんだなと。


一つ歳をとっただけで急に生き方変えられるわけでもありませんので、
自分のペースで少しずつ、進んでいこうと思います。

拳
作画見本。四十路の拳。
11:17 | 日記 | edit | page top↑

明けましておめでとうございます。

元日の午前3時頃にようやくネームが完成。
ようやく年が越せました。

同日夜、都内の実家へ一時帰宅。
これでのんびり寝正月と行きたいところですが、そうもいかず、
2日には早速都内某所へ、仕事用の画材を買い出しに出かけました。

天気が良かったのでふと思い立って、最初の一駅分を歩いてみました。

スタート。JR中央線・国立駅前。
駅前
町のシンボルだった三角屋根の駅舎はもうなくなってしまいました。

坂道を登って振り返ると富士山が見えました。
昼の富士

道々、けっこう昭和っぽい家屋が残ってるなあと思っていたら、こんなものを発見。
丸ポスト
そういえば去年は郵政民営化なんてこともありましたね。

中央線沿いの道を東へ。写真は西向きですが。
中央線

日陰の植え込みに長い長い霜柱が残っていました。
霜柱

てくてく歩いて
陸橋

西国分寺に着きました。
西国分寺

ここから電車を使って目的地へ。
知らない間に中央線にも新型車両が導入されてたんですね。
車内放送?のテレビが物珍しかったです。


買い物を済ませて帰って来ると、丁度夕暮れ時。
夕富士
国立の富士見通りから見た富士山です。

久しぶりに一家揃って食事をした後、
また一人電車に乗って、仕事場のある市川に戻って来ました。
新年最初の原稿に取りかかる前に、
ともかくまず、部屋を掃除しなければなりません。
正月終了。
実家から分けてもらったおせちで気分だけ楽しみつつ、
頑張って始めたいと思います。

今年も頑張ります。
04:04 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。