スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

12/30のツイートまとめ

ochiailyon

リトル・インディアの外れの古い商家を改修した宿に泊まっています。雰囲気あって居心地いいです。部屋でWi-Fiが入らないとか不便はありますが。 http://t.co/i6RNtB8yp5
12-30 12:36

1)昨日は取り敢えずマーライオンでも見ておこうと、海辺のエリアに行ってきました。先ず地下鉄に乗るためにブギス駅を目指します。道の途中のカラフルな団地。 http://t.co/EV0gtpziSn
12-30 12:38

2)市場があったので覗いてみました。物凄く賑わってます。 http://t.co/czvgxXuJJJ
12-30 12:38

3)ブギス駅近くの商店街。日曜だからかすごい人出でした。 http://t.co/ATm1X5XC3T
12-30 12:39

4)地下鉄に乗ってラッフルズ・プレイスへ。地上に出てみるといきなりの未来都市。 http://t.co/RdKbCpqVER
12-30 12:40

5)そしてマーライオン。例のお決まりのポーズで写真撮ってる人多数。かなりの混雑でした。 http://t.co/o405F6APSQ
12-30 12:40

6)湾の向こう側に見えるマリーナ・ベイ・サンズに行くために再び地下鉄に乗ります。 http://t.co/zSSdOWyhxL
12-30 12:40

7)マリーナ・ベイ・サンズのショッピングモール。超高級ブランドのお店が並んでます。オーチャードも高級店多かったですが、更に上をいくハイクラス感。施設の中にはカジノもありました。 http://t.co/JaG05wqwP0
12-30 12:41

8)ベイ・サンズのホテル。近くで見ると大迫力です。 http://t.co/OweiHfKtqb
12-30 12:42

9)中はこんな感じ。設計した人は天才だな。 http://t.co/hn8fCFi9Pl
12-30 12:42

続きを読む
スポンサーサイト
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

12/29のツイートまとめ

ochiailyon

ライブのレポ、連投します。前回の幕張に続き今回もワンマンということで、カヴァー曲とミックス違いを除く持ち歌全部、新曲も含めてやりました。合計約1時間ほど。全力で歌い踊りつつ余裕の笑顔。更に逞しくなったなという印象。バンドは骨でしたが、紅月のツインギターで結構会場湧いてました。
12-29 10:36

曲間の絵物語は過去のものの再利用で(英語字幕付き)、流石に新規で作ったりまではしないのか、と思っていたところ、アンコールで流れた分はシンガポール限定の新作でした。キツネ様の代わりにMARLION GODが登場。地元ファン大喜び。
12-29 10:36

今回招聘元が例のアニメフェスティバル・アジアを主催している会社だったためか、メタルのライブというよりは、アニソンのコンサート的なものを意図した興行だったように見受けられました。それが顕著に表れてたのが、ステージ前のエリアを椅子席にしていたこと。
12-29 10:37

ベビメタのライブでは毎度、最前エリアがモッシュの嵐で酷いことになるので、予防策を兼ねて椅子を置いたのかと思います。もみくちゃにされるのは嫌だし、ジャカルタの時もこの形で見やすかったので、寧ろ有難いとホッとしたのも束の間、開演と同時にパイプ椅子を掻き分け前へ殺到する観客たち…。
12-29 10:38

お行儀良くなんかしてられるか、という気持ちも分かるが、周りの迷惑も考えろと…。ライブ中何度か、前の方から流されてきたパイプ椅子を畳んで脇に置く作業をする羽目になりました。ラストのIDZでは無理矢理作った狭いスペースでウォールオブデスまで…。あれ先導してたのは日本人だよな?
12-29 10:39

実際日本から来てるお客は多かったです。この前他の会場で見かけたな、という人も何人か。初めて現場に来た地元ファンの目に日本のお客の暴れっぷりがどう映ったか、ちょっと気になります。日本人はクレージー、で笑って済ませてくれればいいけど。
12-29 10:40

地元の客層はやはりAFAから流れてきたっぽい人が多かったです。強面のロッカー風は見かけませんでした。自作のアンオフィシャルなTシャツで揃えて来てるマレーシアからのグループや、キツネのお面をつけた白人のカップルも。寄せ書きを集めてる人にペンを渡されたので、僕も一筆書きました。
12-29 10:41

入場待ちしてる時、日本人と現地の人で楽しげに話してるのをちらほら見かけたんですが、あれは元から友達なのかこの場で知り合ったのか…。異国の人と共通の趣味で打ち解けられるのはいいことですよね。こういう交流が当たり前になってくれるといいなと思いました。
12-29 10:42

終演後の退出時にメンバーからサイン入りポスターを手渡しというサプライズがありました。立ち止まっちゃダメというので本当に一瞬で、顔を見る間もなかったですが、それでもやっぱり嬉しかったです。問題はどうやって折らずに持って帰るかだな…。 http://t.co/i6LbOpMYWt
12-29 10:42

以上、ライブレポでした。今日からは普通に観光します。今までライブ会場近くのホテルに泊まってましたが、よりディープなシンガポールを楽しむため、これからリトルインディアのゲストハウスに移動します。急いで支度せんと。
12-29 10:51

00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

12/28のツイートまとめ

ochiailyon

シンガポールの銀座?新宿?オーチャードロードを彷徨ってきました。夜遅いのにすごい賑わい。お店は終業してるとこが多いのに人波は途絶えない。イルミネーションが華やかでした。 http://t.co/tVduT500QQ
12-28 00:48

家族連れやカップルや友達同士でイルミネーションの前で写真撮ってる人たちが多数。皆楽しそう、幸せそうでした。見てるこっちも幸せな気分に。 http://t.co/glk0AJQTQP
12-28 00:56

晩御飯はホーカーズ(屋台村)で、地元の人たちに混じって海南チキンライスを食べました。味は…まあこんなもんか?名物に美味いもんなし、とまで言い切るほどには不味くもないが…。食器とかはお世辞にも衛生的とは言えない感じだったので、ウェットティッシュくらい持っとけば良かったなと。
12-28 01:04

昔貧乏旅行してた時、古き良きアジアを求めてこっちに来てる旅行者たちの間では、シンガポールは都会すぎるということで、概ね不評だったと記憶してます。タイやマレーシアと地続きなのに、ここだけ突出して近代化してるのが、逆に面白いと僕は思ったりしたのですが。
12-28 01:23

アジアの中でも比較的人が穏やかという印象があるんですが、社会が豊かで心にゆとりがあるんじゃないかな。電車の中で眠ってしまった僕を、終点ですよと優しく起こしたくれた眼鏡の男の子のことを、20年経った今でも思い出します。 http://t.co/wuoyCRnEUN
12-28 01:37

さて、今夜はゆっくり休んで疲れをとろう。明日はBABYMETALのライブを見ます。
12-28 01:42

おはようございます。シンガポールの朝。 http://t.co/V854SEhJts
12-28 10:20

チケット引き換え無事完了。一旦ホテルに戻って開場時間まで待機。暑いので外をウロウロしてるとかなり消耗します。 http://t.co/9IoGHb1To4
12-28 15:26

本日のライブ会場。日本から来てる人も何人か見かけました。 http://t.co/kuKN7Ss7Uf
12-28 15:27

昼間のオーチャードロードはさらに賑やか。未来チックな建物と古い街並みが共存する眺め、面白いです。 http://t.co/KcUPqPiofn
12-28 15:37

続きを読む
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

12/27のツイートまとめ

ochiailyon

今年3回目の成田空港なう。しかしいきなりターミナル間違えた…。ただでさえ遅れ気味なのでちょっと焦る。いつもと同じだろうと思って調べもしなかったけど、迂闊だったなあ…。
12-27 07:41

という訳で搭乗ゲートなう。割とギリギリだったかな。もう搭乗始まってます。経由地の香港で余裕があったら呟きます。では行ってきます。 http://t.co/WNRWLvHfxO
12-27 08:36

香港~。めっちゃモヤってるけどPM何とかだったりするのかこれ? http://t.co/PFWRkGWymC
12-27 15:09

しかしイキナリテンションだだ下がる出来事が。前回の旅行中に落として失くしたカメラのレンズキャップ、今回のために取り寄せで買い直したんですが…香港に着いて早々また紛失。ガッカリだよ。 http://t.co/bjoeiB6gkb
12-27 15:16

飛行機降りる時まではあった。乗り継ぎの手荷物検査でバタバタした時に引っ掛けて落としたのか。で、逆進禁止のエリアなんで探しに戻ることが出来ません。何てこった。 http://t.co/A2KL2DJFil
12-27 15:18

絶対外れないレンズキャップとか作れんもんですかね…。いっそスクリュー式にでもしてくれんか…。
12-27 15:23

さておき、20年ぶりの香港。前に来た時はまだ世界一危険な街中の空港・啓徳空港が使われてましたが、今は市街地を離れた島に移転してるんですね。上空から見た香港島の眺め、凄かった。 http://t.co/Cq40LGShuN
12-27 15:31

香港には帰りにまた寄るので、今日のところは素通りで。これから乗り継ぎでシンガポールに向かいます。 http://t.co/scE8QwFv6U
12-27 15:33

着いた~。シンガポール。摂氏30度。暑い。 http://t.co/KErEj9JWbD
12-27 20:14

テスト。 http://t.co/v0HzbeVtpu
12-27 22:32

続きを読む
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

ロシア旅行記 ペテルブルクの名所(郊外編)

続きまして、ペテルブルク郊外の観光地をご紹介。

ペテルブルク市街から車で小一時間くらいのところに、帝政時代に皇帝一族が住んでいた宮殿などが史跡として残っています。
世界遺産にも登録されている物件です。

ガイドつきのツアーで連れて行ってもらい、一通り説明を受けながら見て回ったんですが、○○1世とか××2世とか、耳馴染みのない名前ばかり次々出て来るので、早々にこんがらがってしまいました。やっぱりある程度の予習は必要ですね。

そんな訳なので例によって、説明少なめ、写真多めで行きたいと思います。



1)ペテルゴーフ
ピョートル大帝の夏の宮殿。大小様々な噴水があることで有名です。
庭園内の至る所に、それぞれに趣向を凝らした噴水が設置されています。
物凄い勢いで空高く水を噴き上げてるものもありますが、これらはポンプなどの機械的な力は使っておらず、地形の高低差を利用した自然の水圧だけによる仕掛けなんだそうです。
18世紀の技術力、恐るべし。

ゴーフ1 ゴーフ28
ゴーフ2 ゴーフ3 ゴーフ4
ゴーフ5 ゴーフ6 ゴーフ7
ゴーフ20 ゴーフ9


特に有名なのは、宮殿前の階段状の噴水広場。毎日決まった時間に一斉に噴き上がります。
ゴーフ21 ゴーフ22 ゴーフ23
ゴーフ24 ゴーフ25 ゴーフ26
親戚の叔母さんに写真見せたら「金ピカで悪趣味」と言われました。
実物は綺麗なんですよ?



庭園はバルト海のフィンランド湾に面しています。
茫洋たる眺めを見て、遠くまで来たなあ、と思ったものでした。

ゴーフ27
ゴーフ8 ゴーフ12 ゴーフ13
ゴーフ11 ゴーフ18 ゴーフ14
ゴーフ16 ゴーフ15 ゴーフ17
ゴーフ19


湾の向こうにペテルブルクの市街地が見えます。真ん中にぼんやり写ってるのがイサク聖堂らしいです。
横に見えてる塔は何かな?
ゴーフ10




2)エカテリーナ宮殿
Twitterの方でエカテリーナ2世の宮殿と書いたんですが、
名前の由来は本当は、エカテリーナ1世から来ているとのことでした。すみません。
1世がこの宮殿を造らせ、後にここで暮らした人たちの中に2世もいたと言うことのようです。
歴代の当主に受け継がれて行く間に、それぞれの趣味に合わせて増改築を繰り返したので、色々な建築様式が混ざってるんだそうです。

エカ宮1 エカ宮2 エカ宮3
エカ宮4 エカ宮5 エカ宮6
エカ宮7



エカ宮8 エカ宮9エカ宮10
エカ宮12 エカ宮13 エカ宮14
エカ宮16 エカ宮15 エカ宮17



エカ宮18 エカ宮19 エカ宮20
エカ宮21 エカ宮22 エカ宮23
エカ宮24



エカ宮25 エカ宮26
エカ宮27 エカ宮28 エカ宮29
エカ宮30エカ宮31 エカ宮32
エカ宮33 エカ宮34 エカ宮35


第二次大戦の時ドイツ軍の攻撃を受けて、この宮殿も大分損壊したそうですが、今は綺麗に修復されてます。
撮影禁止だったので写真はありませんが、部屋全体を大量の琥珀で装飾した「琥珀の間」が有名です。



以上、名所巡り終了。
ロシア旅行記は次でようやく最終回になりますが、
すみません。更新は年を跨いでしまいます。
それというのも本日これから、また旅行に出掛けてしまうからなのです。
今から徹夜で荷造りします。


それではみなさん、良いお年を。
来年も宜しくお願いします。
00:42 | ロシア旅行 | edit | page top↑

ロシア旅行記 ペテルブルクの名所(市内編)

政治・経済の中心であるモスクワに対して、サンクトペテルブルクはロシアの文化と歴史の中心です。
観光向きのロマンチックな文化財はどちらかと言えばペテルブルクの方に多く、海外からの観光客にはペテルブルクの方が人気があるようです。旅行会社のパックツアーでこの二都市を周遊するものは、大体ペテルブルクの方が日程が長くなってました。

特に有名なエルミタージュ美術館などは、多分ペテルブルクに行ったらみんな真っ先に訪ねる場所でしょう。
僕も当然見に行くつもりでいましたが、お墓参りとロケ地巡りを優先したせいで、結局エルミタージュには行きそびれてしまいました。
夜間のライトアップを外から見るだけは見ました。その眺めが非常に幻想的で美しく、それで満足して、中は見なくてもいいやと思ってしまった部分も、実はちょっとあったりします。
次に行く機会があれば中もちゃんと見学したいな。

エルミ1 エルミ7 エルミ3
エルミ5 エルミ8 エルミ4
エルミ11 エルミ9




ド翁関連以外の市内の名所でまともに見学したのはイサク聖堂だけでした。
エルミタージュからもほど近い、旧市街地の中心部に位置する大きな教会です。前回のロケ地巡りの記事でも少し触れましたが、『罪と罰』の劇中でも印象的な場面で遠景として登場しています。
上部ドームの周りに展望台があって、ペテルブルクの全景を360度見渡せます。
また、重厚にして荘厳な内部の様子も大変見応えがありました。

イサク8 イサク9 イサク10
イサク1 イサク2 イサク3
イサク4 イサク5 イサク6
イサク15 イサク12 イサク16
イサク17 イサク18 イサク19
イサク20 イサク21 イサク22




ロシア風のネギ坊主屋根が特徴の、血の上の救世主教会。
観光写真などでよく見かけるペテルブルクのランドマークの一つです。
皇帝アレクサンドル2世が革命派によって暗殺された場所に、息子のアレクサンドル3世がこの教会を建てた、というのがゴシックホラー風の名前の由来。
ここも夜中に側を通っただけでしたが入ってみたかった。

血の上1 血の上2 血の上3
血の上4 血の上5 血の上6
血の上7




ペトロハブロフスク要塞はサンクトペテルブルク発祥の地。
ピョートル大帝はペテルブルク建設の第一歩として、この場所に要塞を作らせました。
今回はロケ地巡りの行きがけに敷地を通り抜けただけだったんですが、この要塞はドスト先生が政治犯として収容されていた監獄でもあったので、それを考えるともう少しちゃんと見学してくれば良かったと悔やまれます。
敷地内には要塞の建物を利用していろいろな博物館が置かれています。
中央にあるペトロハブロフスク聖堂の尖塔は高さ122m。

要塞1 要塞2
要塞6 要塞4 要塞5
要塞7 要塞8 要塞9
要塞10




その他、市内の名所旧跡。
通りがかりに写真撮っただけですが一応…。

アレクサンドル・ネフスキー大修道院
エイゼンシュタインの映画で有名なロシアの聖人・ネフスキー公を祀った修道院。
ネフスキー1 ネフスキー2 ネフスキー4




カザン聖堂
ペテルブルクにおけるロシア正教の中心地。
この写真は前にも貼ったけど、他が手ブレばっかりだったんで再掲…。

カザン




クンストカメラ
正式名称はピョートル大帝記念人類学・民俗学博物館。いろいろ面白い収蔵品があるみたいです。

クンスト3 クンスト1 クンスト2




旧海軍省
イサク聖堂の近くにあり、展望台からよく見えますが、僕が行った時は補修中でした。
周りを覆いで囲った姿がパゴダっぽく見える……。

海軍省1 海軍省2 海軍省4




巡洋艦オーロラ
ロシア革命の始まりを告げる号砲を鳴らした巡洋艦。内部の見学も出来るそうです。

オーロラ1 オーロラ2




サンクトペテルブク・モスク
1913年竣工、ということは築100年ですね。5000人収容出来る大モスクです。
中央アジアがロシアに編入された時、イスラム系の住民に配慮して作られたとのこと。
現在でもロシアには多数のイスラム系住民が住んでいるそうです。ここで礼拝とかやってるのかな?

モスク1 モスク2 モスク3
モスク4 モスク6




後半郊外編に続く。
23:28 | ロシア旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。