スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

映画三昧 その3

映画の話、続きです。
もう古い方、大分うろ覚えになって来た……。



15)『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』
非モテの変身願望を具現化したという意味ではスパイダーマンと同じですけど、
力を得た代償に悩み苦しむスパイディに対して、
キャップの場合はもとから使命感と正義感だけでやっていて、
葛藤も迷いも一切ないというのが……。
本当にそういう人いたら立派ですけど、あんまり共感は出来ないかな。
戦況の変化がいささかウヤムヤで、決着のつき方もスカッとしない。
『アベンジャーズ』は楽しみだけど、この映画単体ではイマイチですかね……。


16)『いまを生きる』
そういえば以前うちに来てたアシさんの誰かが、一番好きな映画として挙げてたな。
終盤の展開は、今の目で見れば、何もそこまで思い詰めなくてもと思いますが、
時代背景とかもあるんで、単純には言えないのかな。
若者には理想を持って生きて欲しい。
でも現実の壁を越えることは容易くない。
苦い挫折と、それでも残る希望を描いているという点で、
バランスのとれた良い映画なんではないかと思いました。


17)『海洋天堂』
ガンで余命わずかな父親が、一人残されることになる自閉症の息子のために、
我が身を全く顧みずに奔走する、というお話。
びっくりするのはこの父親が、ひたすら息子の今後だけを案じていて、
自分が死ぬ心配は一切していない(ように見える)ということです。
そういう意味では、この人にこの息子がいたことは、
大いなる幸福だったと言えるのかも。
登場人物に誰一人、意地悪な人や無理解な人がいないというのも良かったです。


18)『トランスフォーマー』
実は最近トランスフォーマーの玩具にハマってまして。
見慣れた車や飛行機が、複雑な変形を経てロボットになる、
その過程を実際にガチャガチャ手で動かしながら追っていくと、
そこに仕込まれた様々な工夫や、自由な発想に驚かされます。
開発者の皆さんは天才です。
映画の方は……まあ普通?
巨大ロボ同士の市街戦という絵面はかっこいいですけど、
動きが速くて何が起きてるのか分かり難いし……。
個人的にはこの映画を2時間見るより、玩具で2時間遊んでいたい。


19)『ダークナイト』
『ライジング』公開直前の今になってようやく見ました。
もっと、見てはいけないものを見てしまったような気にさせられる、
エグイ映画を期待してたんですが、
エグイことやろうとしたけど常識的な範囲内で無難に着地した、という印象。
ジョーカーとの決着は、バットマンの振る舞いとしては正しいんでしょうが、
映画としてはあれでいいのかな?
ノーラン版のオープンエアなゴッサムシティは、住み辛かったらすぐ他の街に引っ越せちゃいそうな、逃げ場のなさ感が足りない感じがします。
そのせいか、バットマンが街の平和に固執する意味も分かり難くなってる気がしますね。


20)『ラルジャン』
偽札事件に巻き込まれた男の転落人生。
後半の展開があまりにも予想外で、幕切れも放り出すような終わり方。
正直困惑して見終わりました。
人生何が起こるか分からない、そして人間何をするか分からない……
ということなんですかね?
何か役者さんたちの演技が皆どこかぎこちなく、
「立ち位置まで移動してそこで台詞を言う」という段取りを、黙々と遂行してるだけのように見えるのは、そういう演出なんでしょうか?


21)『スパイダーマン3』
『アメイジング』公開中の今になってようやく見ました。
このシリーズもアクションシーンはCGばかりでアレなんですが、
1や2はドラマ部分がちゃんと面白くて好きなんです。
でもこの3は……
ベンおじさんがらみの部分とか、とってつけた感が酷かった。
敵が3人も出て来たり、ハリーが記憶なくしたりピーターがワルくなったり、
全体的に盛りだくさんすぎて、とっ散らかった印象でした。
そして一作目では初々しい高校生役がぴったりだったトビー・マグワイアが、
何かすっかりおじさんぽく……。
リブートもやむなしか……。


22)『永遠の僕たち』
幽霊が出て来て主人公と語り合うという内容で、
前回書いた『ヒア アフター』と題材的には近いものがありますが、
こちらはちゃんと「死というものをどう受け止めるか」ということについての寓話になっています。
幽霊との語らいと別れを通じて主人公の内面の成長が描かれ、
終幕は哀しいけれど、それ以上に清々しく、希望が感じられます。
僕はこっちの方が好きです。
映像、音楽が美しく、出演者も大変チャーミング。
邦題が普通過ぎて印象に残り難いことだけが残念。



という訳で、以上です。
たらたら感想書いてるうちに、また録画一杯になっちゃった。
またせっせと消化せねば。
そのうち気が向いたらまた感想書くかもしれませんが、需要ないか。
スポンサーサイト
08:35 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。