スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

貧乏暇なし

ご無沙汰してます。
先月は結局二回しか更新出来ませんでしたね。どうも済みません。
相変わらず仕事に追われる毎日です。
何度か日記を書きかけはしたんですが、
忙しい忙しいというだけの愚痴っぽい内容になってしまい、
それも何だかみっともないなと思ったので、結局投稿はしませんでした。
以前月刊誌で連載していた時は、月30枚でヒーヒー言ってた訳ですから、
それが40枚になった今、自分的に忙しいのは間違いないんですが、
でも世間を見渡せば、もっと忙しい人はいくらでもいます。
この程度の忙しさで苦労自慢なんておこがましいな、と考え直しまして。

僕はデビュー前、六田登先生のところで修業させていただいてたんですが、
当時先生がおっしゃっていたことを、最近良く思い出しています。

「作家になるのに才能があるかないかは関係ない。
毎回の締め切りに合わせて、きちんきちんと原稿を上げていく、
そういう生活を続けていけるかどうか。
それが出来ることがプロの資格だし、
それが出来ないなら、いくら才能があっても意味はない。
才能の有無が問題になるのは、そういう生活を最低でも10年続けられてから」

言葉は多少違うと思いますが、概ねこんな意味のことを。
今まさに僕は、そのプロの資格を問われる局面に来てるんだなという気がします。
僕の場合、年数だけならとっくに10年は過ぎてますが、
描いてる量が少ないので、他の人の10年分にまだまだ及ばないと思います。
今忙しくて余裕もないけど、これをこなせるようになってようやく一人前なんでしょうね。

まだ当分、厳しい進行が続きます。
今描いてるのは6話目ですが、次の7話目では通常の20枚の他に更にカラーが付くそうで……………。

ええ、やりますよ。
やらせていただきますとも。

商店街

資料写真撮ってたら職務質問されました。
「漫画家?どんなの描いてるの?」
主人公が×××とはさすがに言いにくい……。

スポンサーサイト
20:17 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。