スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ロシア旅行記 モスクワの観光地

前回のエントリーでは、クレムリンや赤の広場のことはサラッと流してしまいました。
有名な観光地なので、特に僕が改めて何か言うようなこともないなと思ったんですけど、
写真は沢山撮ってあるので、簡単にまとめて置いておくことにします。



クレムリンはモスクワの中央に位置するロシアの政治の中心部。
帝政時代の皇帝の宮殿が、ソ連時代には共産党政権の総本山となり、
ロシア連邦となった現在でも、
大統領官邸や大統領府といった政府の機関が置かれています。
12世紀に基礎が築かれ、
現在に近い姿になったのが15世紀後半から16世紀だそうです。
思った以上に歴史が古いですね。
現在もプーチン大統領がそこで執務をしているということになりますが、
敷地内の寺院や、収蔵品を展示した博物館などが一般に公開されており、
基本的に誰でも中に入れます。
クレムリン1 クレムリン2 クレムリン3
クレムリン4 クレムリン5 クレムリン11
クレムリン16 クレムリン6 クレムリン13
クレムリン7 クレムリン8 クレムリン21
クレムリン9 クレムリン20 クレムリン14
クレムリン19 クレムリン12



赤の広場はクレムリンに隣接する大きな広場。
ソ連時代に軍事パレードなどが行われていたのを、
映像で見たことある人も多いと思います。
「赤の」というのはロシア語で「美しい」という意味になるそうで、
別に共産主義のイメージカラーとは関係ないそうです。
僕が行った時には何かのイベントの設営中で、
柵で囲われて中に入ることは出来ませんでした。
共産党の指導者、レーニンの遺体が安置されているレーニン廟がここにありますが、これも見られませんでした。
赤の広場1 赤の広場2 赤の広場3
赤の広場4 赤の広場5 赤の広場6
赤の広場7 赤の広場8 赤の広場9



赤の広場の南側に位置するポクロフスキー聖堂、別名ワシリー寺院。
『エロイカより愛をこめて』で、エーベルバッハ少佐にネギ坊主呼ばわりされていたのは、確かこの建物だったと思います。
特徴的なタマネギ型の円屋根は、雪よけのための工夫なのだと聞きました。
円屋根の下の塔は一本一本がそれぞれ独立したお堂になっています。
中は暗かったので写真は手ブレばかりでした。
多少ましなのを選んで載せておきますが、見苦しい点はご容赦下さい。
ワシリー12 ワシリー1 ワシリー13
ワシリー3 ワシリー4 ワシリー15
ワシリー16 ワシリー7 ワシリー11
ワシリー9 ワシリー10 ワシリー14



赤の広場を挟んでクレムリンの向かいにあるのが、グム百貨店。
ツイート(9/19)の方では19世紀創業と書きましたが、
建物が建ったのが19世紀で、
百貨店としての開業は20世紀に入ってからとのことです。
建物内の石の階段が、磨り減って丸くなってたのが印象的でした。
グム4 グム2 グム3
グム20 グム9 グム5
グム18 グム6 グム8
グム10 グム19 グム12
グム13 グム15 グム14
グム16 グム17



簡単にと言ったはずがこんなに長く……。
モスクワ編まだ続く…。




スポンサーサイト
20:04 | ロシア旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。