スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ロシア旅行記 モスクワのスターリン後編

スターリン・クラシック、続きです。


その5 モスクワ大学
スターリン・クラシックの七姉妹のうち、最大の規模を誇る建築物です。
いわば七姉妹の長女格。厳ついお姉さんです。
高さが何と236mもあるそうですが、周りに比較するものがないので、
近くに寄って見ると却って大きさの実感が湧かなかったですね。
逆に遠く離れた場所から見ると、その威容に思わず息を呑みます。
モスクワ大学はロシアの最高学府で、日本で言えば東大相当。
そう思ってみると、通りかかる学生さんがみんな賢そうに見えました。
あと外壁に懸けられた紋章に、
今でもCCCP(ソビエト社会主義共和国連邦)の文字が。
こういうところはリニューアルしないんですかね…。
モス大2 モス大1 モス大5
モス大3 モス大6 モス大4
モス大8 モス大9 モス大11
モス大10 モス大14 モス大13
モス大15 モス大18 モス大16
モス大19



その6 ウクライナ・ホテル
ここも外資系のホテルチェーンに入っていて、
今は別の名前がついてるようですが、
ガイドブックには昔の名前で載ってますね。
モスクワ大学と比較すると、色白瀟洒で女性的な感じ。
泊まってみたいけど高いんだろうな。
ウクライナ2 ウクライナ3 ウクライナ5
ウクライナ4 ウクライナ6 ウクライナ7
ウクライナ8 ウクライナ10 ウクライナ11
ウクライナ12 ウクライナ13 ウクライナ15



その7 外務省
その名の通り、ロシア外務省のお役所です。
堂々たるゴシック風味で、厳つさでいえばモスクワ大学を凌ぎます。
七姉妹の一員ですが、このビル単体ではあんまり女性という雰囲気じゃないですね…。
一枚目の写真では奥の方に小さく写ってるんですが、
ここでは黒っぽく見えて、何やらモノリスっぽくも感じます。
時間帯や光の加減で全然違う色に見えるのが不思議ですね。
外務省1 外務省2 外務省3
外務省4 外務省5 外務省6
外務省7 外務省9 外務省10
外務省11 外務省12 外務省13
外務省14 外務省15 外務省16
外務省17



番外 トライアンフ・パレス
21世紀に入ってから新たに建てられたスターリン・クラシック様式の高層建築。
現在では七姉妹に次ぐ八番目の妹に数えられています。
『地球の歩き方』に「元々八姉妹の予定が資金難で七姉妹に。その最後の一つ」と紹介されていたので、
ソ連時代に途中まで作ったものを、その後完成させたのかと思ってましたが、
調べてみるとそうじゃなく、普通に新築みたいですね。
少なくとも当時の計画の一部でも再現してるのでなければ、最後の一つとは呼べないと思いますが、
その辺の詳細は不明です。
僕の泊まってたホテルの窓から正面に見えてたのがそれだったみたいです。
57階建て、264mの超高層アパート。どんな人が住んでるんでしょうか?
新築1 新築2



以上、スターリン・クラシックの建築群でした。
建築に興味ない人には長々と済みません。

次回はようやくドスト先生の話を。
続く。
スポンサーサイト
09:41 | ロシア旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。