スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ドイツ・オランダ旅行 7月9日のツイート

ochiailyon

帰宅後即バタンで日中寝て過ごしていました。夜起きてTVつけたら飛行機事故のニュースやっててどきりとした。滅多にないとは分かっていても、たまにあるから怖いですよね。さて、アムス3日目からの話を。
07-09 01:56

アムステルダム三日目は美術館のはしごをする予定でした。ガイドブックによると入場券買うのに物凄く並ぶということだったので、ホテルのフロントで事前に手配してもらうことに。この朝のフロント担当が、長身小顔でセクシー髭のモデルみたいな超イケメンときた。気後れすること甚だしく……
07-09 02:08

それでも頑張って、たどたどしい英語で希望を伝えました。イケメンは辛抱強く応対してくれて、無事にチケットを手配してくれました。ミッション完了して何故かガッチリ握手。やめてくれ、惚れてまうやんか…。
07-09 02:17

という訳で最初にやって来たのはここ。国立ミュージアム・Rijksmuseum。読み方が分かりません。 http://t.co/HbisD8pmcE
07-09 02:35

19世紀に設立された博物館だそうです。建物自体も美しい。中にはレンブラント、フェルメール、ゴッホなどオランダが誇る錚々たる作家陣の作品が収められています。 http://t.co/AIEuK0rw4o
07-09 02:43

これとか… http://t.co/xaGEQIESAW
07-09 02:47

これとか…。 http://t.co/vxoKoayUQJ
07-09 02:51

これとか…。 http://t.co/Gm19ir3LWg
07-09 02:51

これなども大人気でした。 http://t.co/9akfXLBFNM
07-09 02:55

ゴッホさんはこんなのが。 http://t.co/RvGTSSASg0
07-09 02:59

絵画作品で個人的に気に入ったのはこれです。太ったおばさんの絵かと思いきや、若い男の人だって。バルトロメウス・ファン・デル・ヘルストの作品。 http://t.co/KVcVHqbGsI
07-09 03:06

絵画や美術品以外にも、工芸品や歴史的価値のある文物が展示されています。こういうのや…… http://t.co/NeXHo3gZ69
07-09 03:12

こういうものとか… http://t.co/HjBsiQOdxa
07-09 03:36

これは長崎の出島の模型です。そういえば日本とオランダはそういうご縁もありましたね。 http://t.co/QxKqvptu45
07-09 03:37

建物自体が歴史的建造物なので見所も沢山。これは館内の図書館です。鋳鉄を柱に使うのが最新技術だった頃の設計。 http://t.co/PzSlRBYIUC
07-09 03:40

壁画もかっこいい。 http://t.co/9hnUlv5Mry
07-09 03:41

有名な絵だけざっと見て次へ行くつもりでしたが、興味を引かれるものが他にも沢山ありました。この博物館だけでも丸一日かけても回りきれない程です。後半は泣く泣く駆け足で。 http://t.co/IuSdkInvpW
07-09 03:46

それというのも次の美術館が入場3時までだったので。国立ミュージアムの隣にあるファン・ゴッホ美術館です。さすがゴッホさん、大人気大盛況。 http://t.co/mK8rEKyPQX
07-09 03:52

ご対面。国立ミュージアムでも会いましたが。 http://t.co/F803gGmoBO
07-09 03:56

ゴッホのパレット。これは感動しました。 http://t.co/SVLymk7SXd
07-09 03:57

ゴッホが絵の勉強を始めた頃の習作から亡くなる直前の作品まで、ゴッホの画業を概観できる展示になっています。『ひまわり』とかこの絵みたいに有名なのもあります。 http://t.co/722iQWnHMd
07-09 04:05

こんなのや… http://t.co/p2gY3vlTse
07-09 04:07

こんなのや… http://t.co/a6lPysNuP6
07-09 04:08

こんなのも。そしてただ単に絵を並べて飾ってるだけでなく、ゴッホがどういう方法でそれらを描いていたかといった技法の解説なども。たとえば… http://t.co/iABbQrOsp5
07-09 04:10

前の絵の下書き。別紙に描いたものを升目を目安に拡大して本番で使います。下書きは完成した絵の半分くらいの大きさ。 http://t.co/nWgtfKydKV
07-09 04:13

マルチメディアを使って色々学びながら見られるようになっています。 http://t.co/gBNVg35xIp
07-09 04:18

「ゴッホの絵に特徴的な凸凹した絵の具の盛り上がり、触ってみたいですよね?ではどうぞ!」という、実にニーズを心得た展示。勿論レプリカなので触りたい放題です。 http://t.co/4ir5othMKE
07-09 04:24

個人的におっと思ったのはこの絵です。聖書からラザロの復活の様子を描いています。『罪と罰』でソーニャがロージャに呼んで聞かせるあの場面。レンブラントも銅版画で同じ場面を描いてます。 http://t.co/oamzgS9YJD
07-09 04:28

こちらも内容盛りだくさんで、本当に一日いても飽きないくらいなんですけど、残念ながら6時閉館。ミュージアムショップで記念品だけ買って出ました。まだこんなに外は明るいのに……。 http://t.co/XfS1d0rDAW
07-09 04:32

まだまだ全然活動できる明るさですが、この時間になると美術館も観光施設もみんな閉まってしまいます。まあ街の人たちはみんなこんな感じなんで、職員の人たちも仕事なんかしたくないでしょうね。僕はどうするかと考えた結果…… http://t.co/6EeePnGscO
07-09 04:49

トラムに乗って街の東へ。建築散歩に出かけました。アムスは知る人ぞ知る現代建築の街だそうで、ウォーターフロントのこのエリアはそれらのカタログ的な地域になっています。 http://t.co/WxWZMXohrN
07-09 05:12

ウォーターフロントで現代建築と聞くと華やかな商業地域なのかと思ってしまいますが、行ってみると普通の住宅街でした。この奇抜な建物もオフィス兼住宅。通称ホエール。 http://t.co/eQHghnAteq
07-09 05:17

上の窓と下の通りで子供同士が呼び交すという、日本の団地で見られるような光景が演じられていました。 http://t.co/tmALdA05Xi
07-09 05:19

こちらも住宅、通称アイ・タワー。流行のiタワーかと思ったら、IJタワーでアイ・タワーと読むそうです。 http://t.co/GlEWQnpqjE
07-09 05:25

これも住宅。ピラエウス。 http://t.co/bWpRbyvTLo
07-09 05:30

その裏側。 http://t.co/Djw9fRT6Ai
07-09 05:31

高床式のこちらも住宅です。 http://t.co/EzkMTWMmhm
07-09 05:33

各戸ごとにこの階段で家に上がるみたいです。正面は水路になっていて、子供たちが水遊びをしていました。 http://t.co/Q37hFVca9s
07-09 05:36

モダンなデザインの……何て言うんだろう?テラスハウスでいいのかな? http://t.co/26i0zAnvdk
07-09 05:38

円形の集合住宅、エメラルドエンパイア。リゾート地のホテルみたいですね。 http://t.co/HsiR4vpuDR
07-09 05:40

かっこいいなあ…。住んでみたいわ。 http://t.co/wiBtRO7j5q
07-09 05:41

この辺りは細長い島が水路を挟んで平行に並び、それらを橋が繋いでいます。これはその内の一本、ボルネオ・スポーレンブルグ橋。 http://t.co/S3FwECnxwO
07-09 05:48

そして共通の意匠ですがより勾配が急で特徴的なパイソン橋。別名アナコンダ橋。 http://t.co/aqbBqsEGmO
07-09 05:50

このうねり。近くで見ると凄い迫力です。 http://t.co/aNry5N2JLA
07-09 05:52

上から見るとこの落差。下が見えないのでかなりの恐怖感があります。ジェットコースターか。 http://t.co/o23AA9x1NM
07-09 05:55

対岸から見るとこんなですよ。人間は凄いもの作るな。 http://t.co/12JI1pOsAf
07-09 05:57

水辺に開けた公園で、住民の人たちが思い思いに楽しんでました。何てうらやましい生活だ。 http://t.co/yOUgp1xwam
07-09 06:10

うろつき回ってる内にようやく日没。iPhoneの記録によると9時46分。 http://t.co/89yX9MLoHQ
07-09 06:12

水辺を離れてトラムの駅まで歩きますが、その途中にも面白い建物が。ロボットアニメの研究所みたい。 http://t.co/GlnQFTfRnz
07-09 06:14

正面の壁全体がオーバーハングして斜めにせり出している建物。これも住宅っぽかったです。 http://t.co/sg1JJui64N
07-09 06:16

トラムに乗ってホテルの近くへ戻ってきました。晩飯を求めて彷徨うことしばし。 http://t.co/c0nR2ZELkR
07-09 06:18

欧州に来てから割と良く見かけるケバブ屋さんで晩ご飯。店頭の写真を見てショラマ・ショーテル?というのを選びました。カレー味の青椒肉絲みたいな感じでしたが、ボリュームあって野菜のトッピングもただで選べるので満足でした。 http://t.co/EGFWYEKT9Z
07-09 06:22

店内の様子。それでホテルに戻って、以下先日のツイートへ続く。帰国の道中は特に書くこともありません。 http://t.co/70IdGFffAy
07-09 06:27

という訳で1週間のドイツ・オランダ旅行、ライブ観覧がきっかけでしたが、いろいろと余録もついて、いい思いをさせてもらいました。思うようにいかなかったことも多少ありましたが、全体で見れば些細なことです。満足満足。
07-09 06:51

一つ忘れてた。アムスの住宅街で見つけたんですけど、これは一体何でしょう?アニメか漫画の台詞かと思って検索してみたけど、この同じ場所の写真が出てきただけでした。僕と同じくここに来て首を傾げた日本人が何人もいた模様。 http://t.co/nar7dDCz1h
07-09 07:01

何かのショップかと思いましたが入り口も見当たらず……。何かの台詞だとして、それをこんな風に窓に貼ったりする文化が日本にもあるんですかね?なぜそれがオランダに?何か情報持ってる人がいたらご一報ください。
07-09 07:05

それでは連投失礼しました。旅行記ツイート終了です。つきあってくれた皆さん有り難うございました。
07-09 07:09

スポンサーサイト
00:00 | ドイツ・オランダ旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。