スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

恥ずかしい失敗

一昨日の朝『罪と罰』第九話の原稿を描き終わりました。

仕事の最終日はいつもバタバタで、
今回もバイク便が原稿を引き上げに来るまで残り数時間というところで、ようやくトビラ絵の作画に着手。
アシスタント任せに出来ない大きい仕事がついつい後に残ってしまうのは、段取り上仕方ないとは言え、あまり誉められたことでもありません。
今回のトビラ絵は普段とはタッチを変えて、ちょっと絵画っぽく見えるようにしてみました。鉛筆画をコピーしてそれにトーンを貼って仕上げるという古典的な手法です。
大急ぎで鉛筆での工程を終わらせコンビニへダッシュ。
試し刷りを含めて10枚ほどコピーを取った後とんぼ返りして、一気に残りの作業を片付けます。
全部の作業が終了したのはバイク便が来る10分前。
どうにか今回も無事に原稿を渡すことが出来ました。
その後、朝の九時から夜の九時まで一度も目覚めず爆睡です。

夜に一度起きて晩ご飯を食べ、ちょっと録画したビデオを見てからまた爆睡。
一夜明けてようやくシャンとして、担当さんが打ち合わせに来る前に部屋の整理を……
というところでようやく気が付きました。

鉛筆で描いたトビラ絵の原画がない。

……コンビニのコピー機に置き忘れて来てしまいました。

いつもだったらコピーの後には必ず置き忘れをチェックするのに。
それこそ、さんざん確かめて忘れてないと分かっていても、
店を出てからもう一度確認に戻るくらい念入りにチェックするのに。

まあ、焦ってたからなあ………。

で、昨日夜になってから、恥を忍んで取りに行って来ました。
案の定、原稿はレジで保管されていました。
こういう形で人に絵を見られるのは本当に、心底恥ずかしいです。
いつもの漫画絵じゃない、絵画風の一枚絵だったのが不幸中の幸いでした。
これがコマ割りした原稿とか、ギャルのハダカ絵とかだったら……
中年のオタクをあざ笑う店員の声が聞えてくるようです。

今後このようなことのないよう、より一層注意深く生きていかねばならない、
と思いを新たにした次第です。


この記事を先に読んだ人は、第九話のトビラを見て失笑なさるかも知れませんが、
内容の方は至ってシビアなお話です。
サブタイトルは『日輪』。
ようやく単語一個のタイトルが登場です。
ゴールデンウィークの関係で発売日がずれるようですのでご注意を。
次号は5月8日発売です。


教室

取材先は担当さんの母校。
スポンサーサイト
02:42 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。