スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

修正修正また修正

『罪と罰 第10話・夏と逡巡』、発売中の漫画アクションに載ってます。
そのトビラのところで告知が出てますので、一応正式に情報解禁ということで、
7月3日に単行本第一巻が発売になる予定です。
現在それに向けて、原稿修正作業の真っ最中。
このために連載の方は一回お休みを頂き、懸命に勤しんでいる訳なんですが、
どういう訳かこれが、やってもやっても一向に終わらない。
何故だ?

本来単行本用の修正というのは、
トーンの貼り忘れや削り忘れを直したり、はみ出しの消し忘れを直したりといった、
連載時のうっかりミスをフォローする程度の作業であるべきです。
雑誌に載せた時点で一度完成してる訳ですから、当然そうあるべきなんですが、
時間が経って過去の原稿を見た時に、ああすれば良かった、こうすれば良かったと、
いろいろ不満が出て来るのもまた事実。
キャラの顔が気に入らないと言っては描き直し、
背景が気に入らないと言っては描き直し、
トーン処理が気に入らないと言っては貼り直し、削り直し、
そんなことばっかりやってりゃ、そりゃあ終わらんわ。
普通に連載一回分くらいの作業量はあるような気がします。

今回特に、連載始まったばかりの最初の方なので、
キャラ、背景ともに絵柄が不安定で、
隔週のペースに慣れてないせいで、仕上げも粗くなりがちでした。
仕方なかったといえば仕方なかったのかもしれませんが、やはり悔いは残ります。
自分の名前で一生残る単行本ですから、せめて人様に見られても恥ずかしくない程度のものには仕上げたい。
実際自分が昔描いたヘタクソな絵とか今見ると、いたたまれなさにダッシュで駆け出したくなります。
後でそうならないように、ここが頑張りどころだと思ってやってる訳ですが……

まあどこかで線を引かないと、こういうのは本当にキリがないからな。

そろそろ11話のネームにも取りかからなければなりません。この辺が潮時か。
連載時と比べて単行本がどれだけ変わっているか、ちょっと楽しみに発売をお待ちください。
いや、本当に見比べられたりしても、尚一層恥ずかしいんで、そこは言葉のあやですけれども。

表紙1

表紙用のカラーイラスト。
今回は部分のみ白黒で公開。

スポンサーサイト
22:41 | 仕事情報 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。