スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

02/06のツイートまとめ

ochiailyon

台北の北東にある有名な田舎町、九份に行ってきました。一泊だけして、さっき台北に戻って来たところ。民宿に泊まったんですが、Wi-Fiは繋がってるのに写真が送れなかったので、旅日記はお休みしました。
02-06 17:20

九份。読み方はジョウフェン?日本統治時代に金鉱の町として栄えたそうです。海を望む急斜面に沢山の家が密集して並んでいる眺めは壮観です。 http://t.co/d0XL9x7nbL
02-06 17:20

戦前からのレトロな街並みが残っていて映画のロケにもよく使われてます。有名なのはやはり『悲情城市』。でも観光客が大量に押し寄せているので、映画みたいなしっとりした風情に浸りたいと思って行くとがっかりするかも。昨日は雨も降っていて、傘さして坂道ですれ違うのが大変でした。
02-06 17:21

九份からさらに一山越えたところに金瓜石という町があり、『牯嶺街少年殺人事件』のロケで使われた建物があるというので行ってみました。Googleマップを頼って歩いて行こうとしたらエラい目に遭ったという話は長くなるので省略。 http://t.co/7WvapvzqbP
02-06 17:22

こちらがその建物、太子賓館。昭和天皇(当時は皇太子)の来台を迎えるために建てられた歴史的建築物。そんなのよく撮影に貸してくれましたよね。『牯嶺街』では主人公の友達の家や、外省人のサロンとして使われてます。この玄関でスーとマーが…。 http://t.co/ZSU3dL13oz
02-06 17:23

しかし映画の中では台北市内の建物として登場するので、周りがこんな山だとは思ってなかったです。この建物の周り一帯が、金鉱の歴史を紹介する博物園区として公開されてます。 http://t.co/kdCCH0dmuE
02-06 17:23

九份の夜。 http://t.co/eH4R4VSjuR
02-06 17:23

昨日の話はこんなところで。明日帰国するのでこれからお土産探しに行ってきます。
02-06 17:24

スポンサーサイト
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。