スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

02/05のツイートまとめ

ochiailyon

台湾4日目。ようやく寝られたのが夜が明けてから。2時間ほどで起きて、お昼前に行動開始。まず最初に両替をしに空港に行きました。銀行探してウロウロするのが嫌だったので、歩いて行ける距離の松山空港へ。途中に何軒か銀行ありましたがみんな閉まってた。春節だからかな?
02-05 08:03

そこからMRTで台北車站へ。電車移動の下見をしに鉄道駅に行ってみました。駅前にレトロな蒸気機関車が。 http://t.co/D0iSKsyOir
02-05 08:04

外見は中国の宮殿風の巨大な駅舎。中に入るとこんな大きな吹き抜けになってました。このスケール感はやっぱり中国文化だなあ。 http://t.co/04THbaCJtg
02-05 08:04

時刻表や切符の買い方を確認した後、周囲を散策。この辺りは東京で言うと皇居周辺ぽい感じなのかな。クラシックな洋風建築がお役所として今も使われてるみたいです。 http://t.co/by8zYbxTSu
02-05 08:04

戦前から台湾に住んでいた本省人と戦後大陸からやって来た外省人が衝突し、多くの犠牲者を出した228事件。ホウ・シャオシェン監督の映画『悲情城市』の題材にもなってます。その事件を記念する228和平公園。 http://t.co/NKYywtHjau
02-05 08:06

昔のラジオ局の建物を利用した228紀念館。事件のあらましを伝える展示があります。映画は見たけどすっかり忘れてしまったので、見学して来ました。日本語の解説や音声ガイドもあるので、ふらっと入っても大丈夫。 http://t.co/NsElx7cDKd
02-05 08:07

日本の敗戦と台湾からの撤退が、228事件へと続く歴史の流れの出発点になっています。植民地支配が終わったのに、後から来た国民党による統治はもっと酷かったという話。改めて日本と台湾の深い因縁を感じました。ちなみにソニックもこの事件を題材にしたアルバムを出しています。聞かねば。
02-05 08:08

台湾総統府。現在は行政府などが置かれているとのこと。中を見学出来るそうですが午前中のみで、今回は入れませんでした。機関銃持った兵隊さんが立哨してました。 http://t.co/RmvvveeyWP
02-05 08:08

総統府から南に下って建国中学を見に行きました。こちらはエドワード・ヤン監督の映画『牯嶺街少年殺人事件』の舞台になった学校です。作品に名前が出てきたというだけでなく、実際にこの場所でロケが行われてます。 http://t.co/mgymrlBxLo
02-05 08:09

『牯嶺街少年殺人事件』。日本では使わない漢字ですが、読み方は「クーリンチェ」。僕にとっては生涯ベスト級に好きな映画です。どう好きなのか、語り出すと長くなるのでいずれまた。学校の周りを一周してみましたが、周りに新しい建物が建ったりしてて、中の様子はよく見えませんでした。
02-05 08:09

続いて作品のタイトルになっている牯嶺街へ。映画では別の場所をここに見立てて撮影してるので、ここでロケした訳ではないそうです。でも何となく雰囲気が似てるような気はする。あの角でスーがミンを…と思うと泣けてきます。 http://t.co/13NxCFQOhx
02-05 08:10

その後方角を見失って雨の中彷徨ったあと、やっとMRTの駅を見つけて古亭から西門へ。若者が集まる繁華街だと聞いてましたが、駅を出てビックリ。まるで渋谷。 http://t.co/jCd4VXVWum
02-05 08:11

まるでセンター街。 http://t.co/4jmdt6E94N
02-05 08:11

でもストリート・ミュージシャンが歌ってるのは『夢追い酒』…。日本大好きなのは分かった。 http://t.co/oNWes8Wzl4
02-05 08:12

CoCo1など日系の店も沢山出てて、それ以外にも日本語混じりの看板が多く、本当にワープして日本に帰って来たような気がしました。メイド喫茶もありました。「女のしもべ」で「女僕」と書くらしい。アニメグッズの店も何軒か。日本の漫画、雑誌がそのまま売られてました。
02-05 08:12

町のマスコットも萌えキャラ。 http://t.co/l2gmvopmwa
02-05 08:13

屋台の買い食いで晩御飯済ませて帰りました。4日目終了。東京でも雪が降ったそうですが、こちらも急に気温が下がって寒くなってます。今日は朝から雨。移動日なのに億劫だな…。
02-05 08:13

スポンサーサイト
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。