スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

02/03のツイートまとめ

ochiailyon

ライブレポ、連投します。まずベビメタセトリ1.BMD 2.ドキモニ+いいね(メドレー)3.チョコ4.おねだり5,紅月6.キャッチ7.ヘドバン8.イジメ9.メギツネwithソニック(アンコール)
02-03 01:01

今までの対バンイベントでは大体ベビメタがトップバッターだったので、今日もそうだろうと思ってたら、いきなりソニック先攻で始まりました。途中のMC、中国語なので全く分かりませんが、盛んにベビメタの名前を出してたので、多分今日はベビメタがメインだと言ってたんじゃないかと推察。
02-03 01:02

演奏始まってちょっと戸惑ってしまったんですが、音が全然聞き取れない。大きな音が鳴ってるのは勿論分かるんだけど、音程の変化や音の刻みが、大音量に埋れてしまって全然耳に入って来ない。周りの人達は普通に乗って一緒に歌ってたけど、聞こえてたのかな?僕の耳の方がおかしいんだろうか?
02-03 01:05

そのせいで演奏がいいのか悪いのかは判断つかなかったんですが、目に見えるアクションは大変かっこよかったです。ボーカル・フレディさんの頼れる兄貴っぽい佇まいと指揮者のように視線をさらう手の動き、紅一点ベーシスト・ドリスさんの妖艶かつ逞しいプレイスタイルに思わず引き込まれました。
02-03 01:07

一応今回はソニックについて予習して来ました。台湾の歴史を題材にした(従って日本にも関わりの深い)アルバムを発表するなど、シリアスな意識を持ったバンド。僕にとっても興味あるチベット問題についても発言してたりと、推せる要素が満載です。アルバム『高砂軍』は特に日本人にお勧め。
02-03 01:11

僕の隣にメガネでぽっちゃりの大人しそうな男の子がいて、ベビメタファンのオタク少年かなと思いきや、ずっとソニックと一緒に歌ってた。台湾ではカリスマ的な存在なんですね。今月渋谷でライブあるらしいので、もう一回見に行こうかなという気になりました。音のいい会場で聞いてみたいです。
02-03 01:13

4〜5曲やってソニックはサラッと退場。鉄柵が壊れるから前に詰めるなという主催者側の注意が何度か繰り返された後、ベビメタ登場。セトリは前掲の通り。ドキモニといいねをメドレーで繋げたのがいつもと違うところ。バンドは骨。衣装は幕張からの新衣装。もはや風格さえ漂う堂々のパフォーマンス。
02-03 01:14

台湾ファンの暴れっぷりが凄かったです。彼らは日本やシンガポールにも遠征してるのかな?ベビメタライブでのお約束的なことはご承知の様子。オタ芸やってる人もいたけど、どこで覚えたんだ。ネットか。ヘドバンのイントロでWOD始めようとしたのはフライングだったのかな?
02-03 01:16

みんな好きな楽しみ方すればいいけど、暴れるのに夢中でステージを見もしないってどうなんですかね。自分がメンバーだったら聞いてんのかよって思うと思う。完全にステージに背を向けてWODのタイミング待ってる人たちの頭越しにすぅさんが歌ってるのが見えて、何だか僕が申し訳ない気持ちに…。
02-03 01:22

イジメで一旦引っ込んだ後、アンコールに応えて映像演出が。シンガポールの時のを台湾版にローカライズしたものが流れました。マーライオン・ゴッドに替わって台湾の神・閃霊(ソニック)が登場。フレディ、ドリスとギターの人が加わってメギツネを演奏。大変盛り上がって終了。最後に中国語で挨拶。
02-03 01:24

終演後に楽屋からの生中継、という設定であらかじめ撮ってあったと思しき映像がスクリーンに映りました。3人は台湾をとても気に入ったので、また必ず来ますとのこと。ジャカルタでもシンガポールでも同じこと言ってたし、ひょっとするとアジアツアーでもやるつもりなのかも。
02-03 01:26

も一つこぼれ話を。入場待ちの列に並んでた時、僕の少し前に白人と黒人の二人連れがいて、片方がベビメタTシャツを着てたんですよ。そのTシャツを写真に撮らせて欲しいと近づいて来た日本人の二人連れ。「日本の雑誌の編集者です」というその人が手に持ってたのが、僕も読んでる『ヘドバン』でした。
02-03 01:37

あのアメリカ人たちの写真が雑誌に載ったらいい記念になるな。僕も一言二言話したので。ヘドバンさん、楽しみにしてます。ちなみにアメリカからわざわざ来たわけじゃなく、元から台湾に住んでる人たちでした。
02-03 01:51

ライブ以外の昨日の日記。台湾二日目。午前中は初日の疲れもあってホテルで寝てました。ライブ会場が台北101の近くだったので、開演前に101に登ってみようと昼ごろ出発。写真撮りながらのんびり向かいました。
02-03 11:59

101全景。国父記念館の前から。 http://t.co/YyIDbxbcM4
02-03 12:00

国父記念館は、革命家孫文の業績を讃え、台湾の歴史・文化と共に紹介する施設。無料なので入ってみました。展示物は日本語の解説が付いてるものもあり、孫文の生涯について大まかに知ることができます。 http://t.co/kdoj4y3Ql2
02-03 12:00

孫文の大きな像の前に衛兵が二人、直立不動で立っていて、一時間おきに交代式があります。交代要員の二人と号令係の計五人、見事なシンクロでビシッ、バシッと動作を決めていく様子に、ちょっとPerfumeのダンスを思い出しました。 http://t.co/lrJtIeeK6M
02-03 12:02

101に到着。朝御飯食べてなかったのでまずは食事でもと思ったんですが、フードコート混みすぎで座れそうにないので断念。展望台に登ろうとしたらこちらも一時間待ちで、ライブの時間に間に合わないので断念。無駄に歩き回って疲れただけだった…。 http://t.co/169DXKGJFD
02-03 12:02

101のコインロッカーにカメラ等を預けてライブ会場へ。会場の入ってるショッピングモールの大戸屋で、やっと遅い昼ご飯。結局大戸屋か。店員さんの挨拶も「イラッシャイマセ」で、メニューも日本と同じでした。味も日本と同じ。味噌汁に入ってた人参が少し大きめだった気はするが…。
02-03 12:03

ライブが7時過ぎくらいに終わったので、そのあと改めて101の展望台に行ってみました。やはり1時間待ちでしたが、ライブレポをポチポチ打ちながら待機。89階の展望台に上がれたのは閉店間近の夜9時ごろでした。 http://t.co/KBFSSQFK0s
02-03 12:03

台北の夜景。 http://t.co/Z57PMPzzKx
02-03 12:04

もう一枚。 http://t.co/PL07dWV5m7
02-03 12:04

101の耐震構造の要、チューンド・マス・ダンパー。巨大な金属の球をワイヤーでぶら下げて、風による揺れを軽減させています。 http://t.co/V2TfxBZ7Kv
02-03 12:04

下に降りて外に出たのが10時ごろ。市内交通のMRTに乗って帰りました。 http://t.co/SFzZoaZ8SW
02-03 12:05

晩御飯は念願のB級グルメ。注文は先に伝票を渡されて、食べたいものに自分でチェックを入れるという便利なやり方。味の方は…まあB級だしな。地元の人たちと相席になったりして楽しかったです。 http://t.co/HqQoi1dX6A
02-03 12:05

もう数日台湾に滞在します。さて、今日は何しよう。
02-03 12:06

スポンサーサイト
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。