スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

物持ちの良い男

しばらく放置気味だった間に、カウンター1000越えてますね。
いつも見に来てくれてる皆さん、一見さんもどうも有り難うございます。
今後ともご贔屓に、宜しくお願いいたします。

『罪と罰』単行本第一巻、あと3週間ほどで発売となります。
で、店頭宣伝用に書店に配布されるPOPというものを描きました。
多分都市部の大きな本屋さんとかじゃないと見られないものだろうと思いますので、
ちょっとフライングですがここでご披露したいと思います。

ポップ

……………
手書きの紹介文が照れくさいですな。

写真では見にくいですが、この色を塗るのには色鉛筆を使いました。
普段のカラーで使ってる絵の具の類いより、本当はこっちの方が慣れてて使いやすい。
学生の頃から、年賀状に添えるイラストとか全部これで描いてましたから。
僕の愛用の色鉛筆は、中学生くらいの時に親から貰ったプレゼントだったんですが、まさかこの歳になるまで使い続けてるとは思わなかった。しかも仕事で。
我ながら物持ちいいなと思います。

色鉛筆はそれほど頻繁に使うものではないので、長持ちするのも不思議じゃないですが、
もう一つ仕事で常用してるもので、付き合いの長いのがこのシャーペンです。

シャーペン

既にキャップがひび割れて固定出来なくなってるので、プラモ用のマスキングテープでフタをして使ってます。
これを買ったのは忘れもしない、中学一年で福岡に住んでいたときです。
家の近所のコンビニで一目惚れして購入。理由は色がザクっぽかったから。
以来27年間、メインの筆記用具として使い続けています。

漫画の下描きもこのペンで。
これでないと描けない、という訳ではないんですが、これでないと何か落ち着かない。
サングラスを外せないミュージシャンの気持ちはこんなかなと思います。

そう言えば一昨年福岡に里帰りした時、件のコンビニはなくなってたな。
コンビニはなくなってもシャーペンは残るのか。
そう思うと感慨深いものがありますね。
スポンサーサイト
03:08 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。