スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

夏と言えば

昆虫の季節です。

特別虫が好きという訳ではありませんが、別に嫌いでもありません。
ゴキブリ以外の大方の虫に対しては寛容な方だと思いますし、
風呂場に住み着いている家蜘蛛とは同居人として仲良く暮らしています。

先日来、玄関前の柱と雨樋の隙間に蜂が巣を作ってまして、
蜂の巣1
作り始めたばかりなのでまだ巣は小さく、
かいがいしく働く蜂たちが健気でもあり、
放っといて大きくなったら危ないなとは思いながらも、
駆除するのが悪いような気がして放置していました。

しかしながらさすがに、ここまでなると話は別です。
蜂の巣2
写真が暗くて分かりにくいですが、これは仕事部屋の雨戸の裏側です。
いつもこの雨戸のすぐ下で仕事してるのに、全然気づいてませんでした。
確かに最近この窓の周りに、よく蜂が飛んで来てはいたんですが。

更に同じ窓枠のすぐ下にも、もう一個別の巣が出来てまして、
窓を開け閉めする度に身の危険を感じるようになりました。
仕方なく市役所に電話して、駆除をお願いすることに。
勝手な想像で、養蜂業の人のような防護服をつけた専門の業者さんが来るものと思ってたんですが、
やって来たのは普通の作業着姿の市職員の方達でした。
特別な道具を使うのかと思ってたら、持って来たのは殺虫剤のスプレーのみ。
しかしまあこのスプレーが強力で、噴射を受けた蜂たちは反撃に飛び立つ間さえなく、ぼたぼたと地面に落ちて行きました。
やらせといて言うのも何だが、ちょっと哀れだった。
すまん、成仏してくれ……。

季節がら、アウトドアへ遊びに行かれる方も多いかと思います。
危険な生物にはくれぐれもお気をつけ下さい。
スポンサーサイト
12:22 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。