スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

考えてみれば

あれからもう十年か……

と思わせられる出来事が、このところ続いています。


この忙しい最中に、トレス台が壊れてしまいました。
でも考えてみれば仕方ない。
これを買ったのがもう十年前のことです。
ヤングサンデーで初めての週刊連載をするために、今仕事場を構えている市川市南行徳に引っ越して来たのが十年前。
トレス台はその時買いました。
中に入ってる蛍光管に寿命が来るのも当然です。

画材屋さんにこれを買いに行った時、同じようにトレス台を物色していた女の人がいて、
「すいません、これどうやって選んだらいいんですか?」
と、僕に聞いてきました。
聞けばその人も商業誌で描いてる漫画家さんだとか。
名前も聞かずに別れましたが一体誰だったんだろう。
今でもどこかで仕事を続けてるんだろうか。
十年前のほんの数分の出来事を、われながらよく覚えてるもんだと思いますが、
まあ、町で女性に声かけられることなんかないからな。


先日仕事前恒例の大掃除をした時に、
ゴミに出しそびれたまま部屋の隅に埋もれていた、履き古しのランニングシューズを発掘しました。
分別の仕方が分からなかったので、取り敢えず袋に入れて置いておいたんですが、
それきり捨てそびれて今日まで。
考えてみれば、ちょっとジョギングでもして鍛えようと思ってこの靴を買ったのが、
やはり十年前。
奮発してちょっと高い靴でも買えば走らざるを得んだろう、という安易な発想で購入したカッコいい赤い靴。
でもジョギングは長くは続きませんでした。
この靴が足に合わなかったからです。
してみると「履き古し」という言い方も当たらないのか、まあ殆ど新品同様です。
「今度捨てよう」と思ったきり、気づいてみれば十年経っている。
時の流れは恐ろしい。

……というか、十年ゴミを溜めておける自分が恐ろしい。
ちなみに市川では靴は燃やすゴミでした。


今回仕事を手伝ってくれた27歳のアシ君が、高校の卒業式でスピッツを歌ったと言います。
隔世の感というか、うちにもそういう世代がアシスタントに来るようになったんだな、と感慨を禁じ得ず……。
僕もスピッツは大好きで、ロビンソンでブレイクする前の地味にやってた頃から、何度かライブにも行ってました。
最後に見たライブはブレイク直後の渋谷公会堂。
当時担当だった編集さんが何かの伝手でチケットを回してくれて、当時のアシ君と野郎二人で見に行ったんですが、
以前とすっかり客層が変わってて、僕らはまるっきり場違いな感じになってました。
ちくしょう、女子高生め。変な手振りで踊るな。

考えてみればあのライブももう十年前だよ。
未だに初期のアルバムを日常的に聴き続けているので、僕の中では彼らは一向に歳をとらないんですが………

そうか。あれからもう十年なのか。

ベンチ

追加の資料写真。冬の日はきれいですね。
スポンサーサイト
04:42 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。