スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

夏休み終了

ご無沙汰しております。
8月も後半ですが、まだまだ暑いですね。

6月の5週月に休まず仕事をしたおかげで、
この8月はちょっと長めのまとまった休みを取ることが出来ました。


休みの前半は、これまでの疲れが出たのと酷暑のせいで、
夏バテ気味でゴロゴロしてる間につぶれてしまいました。
ずっと家にいて、HDレコーダーに溜まったアニメを見たり、それを整理したり。
最近ケーブルテレビに入ったので、カートゥーン・ネットワークやディズニーXDでやっている、アメコミ系のアニメばかり見ています。
無敵の超人のはずなのに、実は非常に人間臭いスーパーマン。
よくアメリカの正義の象徴と言われる彼ですが、その心の意外なもろさが意図して描かれたものだとするのなら、
案外アメリカ人は自国のことを客観的に見られているのかなあと。


その他、DVDをまとめ借りして一気に見ました。

『エグザイル/絆』『エレクション〜黒社会〜』ジョニー・トー監督
ヤクザや殺し屋の血で血を洗う抗争を描きながら、何故か優雅で静謐な雰囲気が漂う香港映画。
最近お気に入りの監督さんです。

『長江哀歌』ジャ・ジャンクー監督
僕は昔から、現代中国の庶民の暮らしを描いた映画が大好きでして。
これは三峡ダムに沈みゆく古い街を舞台にした人間ドラマ。
リアルな生活描写の中に突然シュールな画が挟まる不思議な作品。

『レスラー』ミッキー・ローク主演
中年(初老?)プロレスラーの悲哀を描く。
挫折の描き方がちょっと簡単すぎるような気が……。気持ちは分かるんですが。

『バタフライ・エフェクト』
タイムスリップもの。最後の決断に至るまでの葛藤をもう少しじっくり見たかった。

『パンズ・ラビリンス』ギレルモ・デル・トロ監督
内戦下スペインの過酷な現実と、幻想に逃避する少女の内面世界。
残酷描写が多くてちょっとキツかったです。
お前が言うなって?すみません……。
幻想の世界ではハッピーエンド、でも現実は……。ある意味『フランダースの犬』?
酷い目に遭いっぱなしで死んじゃう話は辛いですよね。
お前が言うなって?すみません………。



休みの後半は体調も持ち直し、あちこち出かけて人と会ったりしました。

大学の友人と飲みに行き、
同業の友人と飲みに行き、

あと、自分がデビューした時の担当編集さんと飲みに行きました。
『おごってジャンケン隊』や『人生画力対決』に実名で登場する有名編集者、
小学館の八巻和弘さんです。

担当してもらっていた当時、八巻さんには本当に良くしていただきまして、
取材や資料集め等、随分便宜を図っていただきました。
そうしたご尽力に対して何一つ結果を出せないまま、僕は他誌へ移ってしまった訳ですが、
そのことはずっと心に引っかかり、申し訳ない気持ちでいたのです。
十数年ぶりにお会いして、そのことをお詫びしたところ、
「いや、そんなこと全然覚えてないから!」と……。
そりゃそうだ。
あちらは何百人、何千人という作家、新人、その他関係者を相手に日々過ごされている訳ですから、
そりゃあ一々細かいことを覚えちゃいられないですよね。
そして
「今本屋さんに行くと、『罪と罰』が大プッシュされて並んでる。
それが本当に嬉しいし、一番の恩返しだよ」
と言って下さいました。
ああ、思い出したら目頭が……。

僕はあのとき八巻さんが担当でなければ、
多分デビューも出来なかったろうし、今漫画家もやってないと思うんです。
本当に八巻さんは恩人です。
最近よく漫画家と編集者の確執が話題になりますが、
僕はデビュー以来一貫して、ずっと担当運は良かったです。
漫画に対して誠実で、熱心な人ばっかりで。
本当に自分は恵まれてると思います。



さて、そんなこんなで夏休み終了です。
充分英気を養えたので、
『罪と罰』最終章、気合いを入れて頑張ります。
引き続き応援宜しくお願いします。

スカイツリー0814
8月14日
スカイツリー408メートル


ちなみにこっちは
スカイツリー0512
5月12日
368メートル


スポンサーサイト
09:03 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。