スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

02/04のツイートまとめ

ochiailyon

今日は故宮博物院へ行ってきました。つーかーれーたー。
02-04 01:39

MRTで士林駅へ。そこからバスで故宮博物院へ。着いた瞬間に嫌な予感が。メチャクチャ混んでます。 http://t.co/SkVfmCjvc6
02-04 01:40

台北で一番の観光地といえば、ここか101かってことになるんでしょうね。そりゃ混むわ。観光バスで乗り付ける団体さんが多数。落ち着いて見学出来る雰囲気じゃなかったです。いつもこうなのかな? http://t.co/HesnVnYBxs
02-04 01:40

館内は一部を除き撮影禁止のため、写真はありません。一番の目玉の展示は天然石を彫って作った工芸品、『翠玉白菜』と『肉形石』。白菜とお肉の形の超絶リアルな置物です。確かに凄い出来だけど…凄いけど…ええ?これ?って感じでした。実物凄く小さいし。これ世界三大ガッカリには入ってないの?
02-04 01:41

その小さな展示物を見るのに、ガイドさんに率いられた団体さんが説明受ける間立ち止まるので、なかなか人が動かないんですよ。部屋の入り口で係りの人が入場をコントロールしてて。昨日の101に続いてここでも長時間並ばされて、かなり脚に来ました。
02-04 01:45

白菜とお肉以外の展示は、中国の王朝時代から現代までの書画や工芸品、歴史資料など。ゆっくり見られたらそれなりに面白いんだと思いますが、駆け足で見るにはこれといって目に留まるものがない感じでした。別館でダ・ヴィンチ展やってたので、そっち見れば良かったかな…。
02-04 01:46

博物院を見終わって士林の駅に戻り、少し周辺を散策してみました。市の中心部とはまた違った、さらに生活感のある街並み。高円寺か阿佐ヶ谷辺りの商店街を歩いてるような気になります。 http://t.co/aGUlst14Vc
02-04 01:48

夕日の眺めも、何か全然異国って気がしない…。 http://t.co/hbiQ5ceNCY
02-04 01:48

夜は市内に戻って夜市に行ってみようと思ってたんですが、士林にも士林夜市というのがあると知って、そこへ行くことにしました。香港の夜市みたいなのを想像してたんですが大分違った。まるで原宿の竹下通りです。 http://t.co/QaYPr9aT90
02-04 01:51

気が遠くなるような人混み…。台北中の人が集まってるんじゃないかというくらい。お店屋さんは主に服屋とファンシーショップ、そして軽食の屋台と、正に竹下通りです。 http://t.co/ePhAgDtkCr
02-04 01:51

続きを読む
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

02/03のツイートまとめ

ochiailyon

ライブレポ、連投します。まずベビメタセトリ1.BMD 2.ドキモニ+いいね(メドレー)3.チョコ4.おねだり5,紅月6.キャッチ7.ヘドバン8.イジメ9.メギツネwithソニック(アンコール)
02-03 01:01

今までの対バンイベントでは大体ベビメタがトップバッターだったので、今日もそうだろうと思ってたら、いきなりソニック先攻で始まりました。途中のMC、中国語なので全く分かりませんが、盛んにベビメタの名前を出してたので、多分今日はベビメタがメインだと言ってたんじゃないかと推察。
02-03 01:02

演奏始まってちょっと戸惑ってしまったんですが、音が全然聞き取れない。大きな音が鳴ってるのは勿論分かるんだけど、音程の変化や音の刻みが、大音量に埋れてしまって全然耳に入って来ない。周りの人達は普通に乗って一緒に歌ってたけど、聞こえてたのかな?僕の耳の方がおかしいんだろうか?
02-03 01:05

そのせいで演奏がいいのか悪いのかは判断つかなかったんですが、目に見えるアクションは大変かっこよかったです。ボーカル・フレディさんの頼れる兄貴っぽい佇まいと指揮者のように視線をさらう手の動き、紅一点ベーシスト・ドリスさんの妖艶かつ逞しいプレイスタイルに思わず引き込まれました。
02-03 01:07

一応今回はソニックについて予習して来ました。台湾の歴史を題材にした(従って日本にも関わりの深い)アルバムを発表するなど、シリアスな意識を持ったバンド。僕にとっても興味あるチベット問題についても発言してたりと、推せる要素が満載です。アルバム『高砂軍』は特に日本人にお勧め。
02-03 01:11

僕の隣にメガネでぽっちゃりの大人しそうな男の子がいて、ベビメタファンのオタク少年かなと思いきや、ずっとソニックと一緒に歌ってた。台湾ではカリスマ的な存在なんですね。今月渋谷でライブあるらしいので、もう一回見に行こうかなという気になりました。音のいい会場で聞いてみたいです。
02-03 01:13

4〜5曲やってソニックはサラッと退場。鉄柵が壊れるから前に詰めるなという主催者側の注意が何度か繰り返された後、ベビメタ登場。セトリは前掲の通り。ドキモニといいねをメドレーで繋げたのがいつもと違うところ。バンドは骨。衣装は幕張からの新衣装。もはや風格さえ漂う堂々のパフォーマンス。
02-03 01:14

台湾ファンの暴れっぷりが凄かったです。彼らは日本やシンガポールにも遠征してるのかな?ベビメタライブでのお約束的なことはご承知の様子。オタ芸やってる人もいたけど、どこで覚えたんだ。ネットか。ヘドバンのイントロでWOD始めようとしたのはフライングだったのかな?
02-03 01:16

みんな好きな楽しみ方すればいいけど、暴れるのに夢中でステージを見もしないってどうなんですかね。自分がメンバーだったら聞いてんのかよって思うと思う。完全にステージに背を向けてWODのタイミング待ってる人たちの頭越しにすぅさんが歌ってるのが見えて、何だか僕が申し訳ない気持ちに…。
02-03 01:22

イジメで一旦引っ込んだ後、アンコールに応えて映像演出が。シンガポールの時のを台湾版にローカライズしたものが流れました。マーライオン・ゴッドに替わって台湾の神・閃霊(ソニック)が登場。フレディ、ドリスとギターの人が加わってメギツネを演奏。大変盛り上がって終了。最後に中国語で挨拶。
02-03 01:24

続きを読む
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

02/02のツイートまとめ

ochiailyon

台湾らしいB級グルメ的なもの食べたかったけど、一人でここに混じるのは若干気合いが要る感じ。結局チェーン店ぽい甘味処で白玉小豆ぜんざいを食べました。丼一杯出てくるので量も十分。日本のぜんざいと違って、軽いとろみがあって美味しかったです。 http://t.co/Qe9pK2crZx
02-02 00:15

国際アニメフェア?ちょっと見てみたい。時間があれば。 http://t.co/5NpXzP037y
02-02 00:20

00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

02/01のツイートまとめ

ochiailyon

羽田空港なう。 http://t.co/oFgYVz3u0C
02-01 11:12

Wi-Fi繋がってるのに送信できないのは何故かしら?今日はこれから台湾に向かいます。 http://t.co/84UPr0L6tE
02-01 11:15

夕方には台北に着いてる予定です。向こうに着いたらまた呟きます。
02-01 11:16

テスト。 http://t.co/2PsKqddRWH
02-01 11:25

あっという間に着いた。台北なう。 http://t.co/FoSlKxlZea
02-01 18:02

ホテルの窓から台北101が見えます。でも隣の建物の真っ赤な屋根がデカデカと視界に入るんで、あまり絶景感はない…。この前香港がうっすら寒かったので、今回は少し厚手の服で来たけど、台湾は普通に暑いです。 http://t.co/w3z1lpHvkm
02-01 18:09

爆睡してる間に着いちゃったので、本当にあっという間だったな。沖縄行くのと変わらない感じです。今いるところは街の北側で、中心から外れてるせいかすごく静か。街並みの古び加減とかも含めて、日本の地方都市っぽい印象です。 http://t.co/a5yHN54Hwg
02-01 18:31

少し休んだら最初のミッション、「7-11でチケット発券」に向かいます。 http://t.co/cC47cNDX7V
02-01 18:33

帰還〜。無事に発券完了。現地引き換えだといろいろ不安で買うとき二の足踏んじゃうけど、何でも案ずるより産むが易しですね。というわけで、明日はBABYMETALと台湾のメタルバンド・ソニックの対バンライブを見ます。 http://t.co/28WroMcM6N
02-01 23:13

用事を済ませた後、晩御飯を求めて街を彷徨いました。南の方に下ってみると目抜き通り的な大通りがあり、結構人出もあって賑わってました。閉まってる店が多かったけど、旧正月で休業中ということみたいです。 http://t.co/5i2oTHksYX
02-01 23:23

続きを読む
00:00 | 東南アジア旅行 | edit | page top↑

ロシア旅行記 懐かしのサンクトペテルブルク

一年以上の長きに亘って書き続けて来たロシア旅行記、
ようやく今回で完結です。
とは言っても、語るべきことはもう大体語り尽くして、これ以上取り立てて書くようなこともありません。
その後更にいろんな国を旅して回ったこともあり、今思い出すと、霞の向こうに遠くの山を振り返っているような気分になります。



ペテルブルクは本当に美しい街でした。
人も穏やかで優しく、居心地が良かった。
エルミタージュ美術館を始め、短い滞在で見られなかったものが沢山あるので、いつかまた再訪したいと思っています。
僕は寒さに弱いので、なるべく暖かい時期を選んで。



ペテルブルクを離れる日の朝、もう一度チフヴィン墓地を訪れて、
ドスト先生のお墓に挨拶して来ました。
その時一つ先生と約束したことがあります。

次に来る時までに未読の他の作品もちゃんと読んでおく、ということです。

全作品制覇を目標にしてしまうと、一生かかっても二度とペテルブルクの土を踏めないということになりかねませんが、少し手加減してもらって、せめて代表作と呼ばれるものは読んでおきますと。
この一年他のことにかまけていて約束のことは忘れてましたが、
今これを書いてて思い出した。
今年の目標の一つに加えようと思います。
来年か再来年くらいには、またドスト先生に報告に行けるように。

ペテラス98 ペテラス97 ペテラス100
ペテラス99



思うところは以上です。
後は今まで貼りそびれていた写真をノンジャンルでまとめて貼っていきます。
絞り切れずまた大量になってしまいました。すみません。
よろしければご覧下さい。



ペテラス1 ペテラス3 ペテラス2
ペテラス4
ペテラス5 ペテラス107 ペテラス7
ペテラス8




ペテラス9
ペテラス10 ペテラス11 ペテラス12
ペテラス15 ペテラス14 ペテラス16




ペテラス17 ペテラス18 ペテラス20
ペテラス19 ペテラス21 ペテラス22
ペテラス23 ペテラス24 ペテラス25
ペテラス26 ペテラス27 ペテラス28
ペテラス29 ペテラス30




ペテラス31 ペテラス32
ペテラス33 ペテラス34 ペテラス35
ペテラス36 ペテラス38 ペテラス39
ペテラス40 ペテラス41




ペテラス42 ペテラス43 ペテラス44
ペテラス45 ペテラス46 ペテラス47
ペテラス48 ペテラス49 ペテラス50
ペテラス51 ペテラス52 ペテラス55
ペテラス54 ペテラス53 ペテラス56




ペテラス57 ペテラス58




ペテラス59 ペテラス60 ペテラス61
ペテラス62 ペテラス63 ペテラス64
ペテラス66 ペテラス67 ペテラス68
ペテラス65




ペテラス69 ペテラス70
ペテラス71 ペテラス72 ペテラス73
ペテラス74 ペテラス75




ペテラス77 ペテラス78 ペテラス79
ペテラス80 ペテラス81 ペテラス82
ペテラス83 ペテラス84 ペテラス86
ペテラス85 ペテラス87 ペテラス88
ペテラス89 ペテラス90
ペテラス91 ペテラス92
ペテラス94 ペテラス95 ペテラス96




ペテラス101 ペテラス102 ペテラス103 ペテラス104




さらばロシア。
そして最後は、雲の上で見た日の出の光と、
新潟上空から日本に入った瞬間の写真で締め。

ペテラス105 ペテラス106


長らくおつき合いいただきまして有り難うございました。






00:42 | ロシア旅行 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。